怪獣のような大男に責められてしまう姫様

豊満な乳房をぶら下げた絶世の美女がいるという噂を嗅ぎつけた大男がお姫様の部屋に侵入して襲いかかります。あまりの辣腕と剛力による拘束で為す術もなく体を貪られてしまいます。あまりの強引な攻めに感じまくりでもう既にイかされてしまいそうになりますがでもまだ逝かせてくれません。そして厭らしい粘着液で水浸しになってる肉壷にギンギンになった特大肉棒をぶち込まれて激しく出し入れされたらもうたまらず大量の白濁汁と尿を放出したまま痙攣しながら失神してしまうというまさに鬼畜の所業でした

カテゴリー: 未分類 パーマリンク