専属ナースさんにえろ本あバレたらまさかの結果になった

もう入院生活も1ヶ月、毎日のオトモダチはこの本と右手だけ、そして専属の看護婦さんが若くて綺麗ときたもんだから余計にムラムラが止まらない。そんなある日まさかオトモダチがバレてしまって追求されてしまう。でもそんなに溜まってるなら言ってくれればよかったのに~とまさかの抜いてくれるてんかいに!そして徐にズボンを脱がされペロペロと俺のムスコをしゃぶる、そしてずっと気になっていた白衣の上からでもプルプルと揺れるその巨乳に挟んでムニムニしてもらえばもうすでに発射寸前、そりゃそうだもう何日も女と交じり合うどころか触りもしてないんだから耐性もなくなっている。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク