筋肉が骨のようになる奇怪な難病

世界人口の200万人に一人が発症しているとされている難病、国内では100人にも満たないが役80名はこの奇病で苦しんでいるとのこと、2歳から5歳の幼児期から学童期に発症するケースが殆んどで医療が発展した近年でも有効な治療法はなく有病患者は30代にもなれず死を迎えるが50代から70代まで生存したヒトも確認された。人並みに生活していくことはほぼ不可能で運動機能とADL動作は進行していくにしたがって低下していき完治はおろか回復していくことも決してない、原因は家系の遺伝子要因によるものが大きい模様、自分の子供がもし発症しいてしまった場合に備えてこれから子供を作っていくオトナはこの難病についてよく知っておく必要が有る

カテゴリー: 未分類 パーマリンク