とてもえっちな新人せんせーに我慢できなくなってしまった男子生徒

研修生を経て今年から工業高校の教師として働くことになったみかさん、若いのに制服の上からでも小刻みに揺れる立派な乳房をぶら下げてこんなにむちむちの体を持っているせんせーを生徒が放っておくわけがありません。ピチピチのスカートから覗く純白のパンティをけーたいで覗いているませ男子やちらりと見える谷間を凝視してそれをオカズに夜中ムスコを慰めている子も跡を絶ちません、こんな状況でいいんでしょうか、いえいいわけがありません。もう我慢できなくなってしまった生徒が放課後せんせーを体育館の用具倉庫に呼び出して襲ってしまうのです。ずっと揉みしだきたかった巨πを揉みしだいておぱんつの上からメコスジをくちゅくちゅと指で刺激していくともうだんだんと湿ってきちゃているのが分かるくらいに感じてきてしまっている様子、そしてイチモツをそのデカ乳へ挟んで扱いてもらったらもうがまんできなくなってしまっておもわずおちんぽみるくを発射しちゃうのでした

カテゴリー: 未分類 パーマリンク