厭らしいセールスマンがムチムチ奥さんを・・・。

今日も優雅な午後を掃除をしながら過ごしているさちこ。ピンポーンと玄関のチャイムが鳴る、はーいと幸子が開けてみると「こんにちは奥さん」と不敵な笑みを浮かべる怪しげなスーツをきたセールスマン。しぶしぶ中へ入れると出された商品はピッチピチの水着だった、それを言い包められて無理やり着せられるデカ乳妻、そして徐々にきつく薄くなっていき気がついたら裸同然の紐のようなものまで着せられてもうタジタジ。そして徐々に彼女のカラダを詰っていくのです、B地区をくりくりといじくり回してどんどん感じてきちゃって水着が愛液でぬれぬれになってしまったおくさま、すっかり奴の肉壷、いや思う壺でございます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク