肉体的に家畜な扱いをしてくれると尚よしでした


ケツ毛びっしり、女の子としては如何なものかと思いますがそれが収録を意識していないアマチュアってこと。むしろ笑顔が眩い娘としてはナイスギャップにもなる得るかも。ところがライトな印象とうって変わって屈辱フェチな過激っ娘でした。言葉責めであそこは濡れ放題、マゾらしくケダモノの様にバックでアヒアヒ悶えてるのがお似合いですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク